恋愛心理学

本当にモテる女性とは?ルックスは関係ある?モテ度アップのポイントをおさえて婚活成就!

pairs3

 

モテ女

 

モテるモテないの差はどこにあるの?

「あの子より私のほうが絶対かわいいハズなのに・・・なんであの子のほうがモテるの?」たとえ口には出せなくても、そんな風に考えたこと、誰でも一度くらいはあるんじゃないでしょうか。

「モテたい」とか「キレイに見られたい」という気持ちは、女性なら誰しもが心のなかで持っていますよね。モテるために自分なりの努力をしている人は多いと思いますが、もしかしたらそれが逆効果になっている可能性があるんです。折角ファッションに気を付けているのに「残念なオシャれ認定」されているとしたら悲しいですよね…。

特別美人でもかわいくもない、それでもモテる人って、他の人とは一体なにが違うのでしょうか?今回はそんな「なぜかモテる人の特徴」や「残念なファッションを卒業するための方法」について考えてみたいと思います。

 

モテる人に共通している4つの特徴

性格がいい(優しい、穏やか、明るい)

これはもう言わずもがなではありますが、やはり一番のポイントになります。男性は癒されたがっています。特に結婚相手を選ぶ時には、”癒し”を重要と考える人が多いです。一緒にいると楽しくて心が落ち着く、だからモテるんです。

また、相手に好印象を持っている場合、見た目も少しずつかわいく見えてくる(愛嬌があると感じる)、というのもあるようです。つまりは、好きだと相手がかわいく見えてきちゃうんですね。これは私たち女性目線で考えても納得できますよね。パグやブルドックのようないわゆる顔のつぶれた系のワンちゃんも、その表情や動きを見ていたらブサカワ(ブサイク可愛い)でたまらなく愛おしく感じますもんね!

家庭的、料理が上手

料理が上手な女性はモテます。人間の三大欲求のひとつである「食欲」。男を捕まえるには胃袋を掴め、ってやつです。ちなみに、凝った料理じゃなく、家庭料理がおいしく作れる女性のほうがモテます。限られた食材でパパッと料理ができるようになれば完璧です!

また、掃除洗濯などの家事能力が高いと、単なる彼女でなく、結婚相手として意識するようになる男性が多いというデータもあります。

少しだけ強引な面を持っている(積極的)

控えめで自分から積極的なアプローチをしない男性が増えています。ですが、そのようないわゆる草食系の男性も、女性とお近づきになりたい気持ちは持っているものです。

そういう男性にとっては、積極的に仕掛けてきてくれる女性のほうが嬉しいようで、女性のちょっと強引なアプローチにドキドキして、気付けば男性のほうが夢中になってしまうのです。

手に職を持っている(共働きできる)

時代の流れもあって、将来的に共働きしてくれそうな女性は結婚相手(パートナー)として選ばれやすいです。例えば、看護師は産後に仕事に復帰しやすいという理由で人気が高いです。

景気の先行きがあやしいこの時代、自立している女性をパートナーにしたいと思う男性が増えているのはいたしかたありません。「男性が外で働き一家の大黒柱に・・・」という考え方は、もはや過去の考え方となってしまったと言えるでしょう。

 

モテ度アップできる5つのポイントとは?

鏡をチェックする女性

 

生まれ持った顔のつくりはどう頑張っても変えられません。そして、性格を変えるのも簡単なことではないですよね。でも、ちょっとした心がけでモテ度はアップするんです!誰でも、そして今すぐ始められるモテ度アップできる秘訣をご紹介します。

着るものにこだわる

キチンと自分に合ったものを着るだけで、美しさは格段にアップします。洋服は色やデザインで決めてしまいがちですが、いちばん重要なのはサイズ感です。体型カバーのために大きめサイズを着ているとか、痩せていたころの小さめサイズを未だに着ているとか、そんなことではいけません。ブランドによっても生形によってもサイズはちょっとずつ変わりますので、必ずフィッティングして決めるようにしましょう。そして、恥ずかしがらずにプロである店員さんにアドバイスを求めましょう。

姿勢をただす

どんなに服装に気を付けていても、姿勢が悪かったら台無しです。驚くことに、背中が丸くなっているとそれだけでプラス5歳は老けて見られるそうです。姿勢を正すと、若く見えるだけでなく、顔が上向きになることで「話しかけやすい」雰囲気になります。モテたいと思うなら、まず話しかけられるチャンスを増やすことが大切なので、さっそく取り組みましょう。また、はつらつとして見え、明るく話しかけやすい人というの老若男女問わず好かれるので、モテ効果だけでなく仕事などにもよい影響をもたらします。

たまにはイメチェンを

どんなに美人であっても、いつも同じスタイルだと見慣れてしまい目に留まらなくなってしまいます。たまに雰囲気を変えることで男性の目に留まりやすくなり、知らぬ間に意識する時間が増え、気付いたら気になる人になってしまうのです。いつも髪型がダウンスタイルなのであれば、たまにはアップスタイルにしてみましょう。クール系でパンツスタイルが多いようであれば、思い切って透け感のあるトップスとスカートをあわせてみるなどしてみるとよいでしょう。「あ、いつもと違うな。」と思ってもらえれば成功です。

肌の手入れは念入りに

男性は女性の肌をよく見ています。本能的に「触れ合うこと」がインプットされているからなのです。そのため、女性らしいやわらかくきめ細かな肌は、「触れたら気持ちよさそう」と男性に大人気。肌は健康のバロメーターでもあるので、荒れていると生活が乱れているという誤解も与えかねません。メイクよりもまず肌のお手入れに力を入れましょう。また、顔だけでなく身体全体も意識するとよいでしょう。女性らしさを感じる二の腕やデコルテなどのテクスチャは案外チェックされているものです。

後ろ姿に力を注ぐ

鏡に映してチェックするのは、たいてい体の前側。ですが、正面から女性のことをジロジロ見るわけにもいかないので、男性からよく見られているのは実は後ろ側や横側だったりします。後ろ姿が美しければ、遠くからでも「良い女!」と興味を持ってもらえます。お出かけ前には必ず、後ろ姿をチェックしましょう。そして普段から背中やお尻を美しく保つように努力をしておけば完璧です。

 

絶対NG!今すぐ辞めるべきな残念オシャレとは

ダメ

モテる秘訣の中でも最も取り入れやすいのが服装ですよね。でも、服装は男性から見たNGポイントを知っておかないと逆効果になる可能性があります。そこでここからは残念オシャレにならないためのチェックポイントをご紹介します。

 

色っぽさを出し過ぎると引かれる可能性も?

男性にモテたいと考えたときにパッと頭に浮かぶ女性の最大の武器といえば「色っぽさ」です。色っぽい雰囲気はたしかに男性をドキっとさせます。ただ、やり過ぎるとむしろ最悪な結果になるので注意が必要です。ボディラインがハッキリ分かるボディコンワンピや、胸元が大きく開いている洋服など、セクシーさを前面に押し出すのはNG。それから、スカートやショートパンツの丈も短すぎるのはよくありません。

色っぽさを求めるのは、遊び相手の女性に対してのみです。男性の本命の相手になりたいのであれば「女性らしさ」は意識しつつも「色っぽさ」は排除しなくてはいけないのです。

 

足元の手入れも念入りに

それから、男性は意外と足元も見ています。足がスラッと長く見えるハイヒールは、モテたい女性の必須アイテム。もちろん男性だって嫌いじゃありません。ですが、高過ぎるヒールには要注意!ぎこちない歩き方は魅力的ではありませんし、ちょっと歩くだけで足が痛くなってしまってデートが楽しめないことにガッカリしてしまう男性も多いようです。

見落としがちなポイントですが、靴のお手入れも重要です。かかとがすり減って歩くたびに金属のカチカチとした音が鳴り響く…なんてことは避けましょう。せっかくのオシャレも台無しになってしまいます。

 

不潔感は100年の恋も冷ます

最後に、男性が女性に対して一番残念に感じること、それは「不潔感」です。どんなオシャレよりも最優先で注意すべきです。「毎日お風呂に入ってるから大丈夫!」ってわけではありません。「清潔そうに見えるか」となると話しは別なのです。

ネイルが剥げかかっていたり、服がシワシワだったりすれば不潔そうに見えます。バッグがくたびれていたり、髪の毛がぼさぼさだったりしてもそう見えるでしょう。実際に清潔にすることは当たり前で、「清潔感」を意識することが大切なのです。

 

 

モテる秘訣は外見にあふれ出る内面

美人かどうかは遺伝的な要素もあり、自分では決められません。でも美人だからモテるというわけでは決してありません。本当にモテる女性は、きちんとしていて女性らしさを感じられる人です。

内面を変えることよりも外見を変えることのほうが手っ取り早く感じるかもしれませんが、実は「素敵な女性になりたい!」という想い(内面)が外見磨きのモチベーションにもつながっていくんですよね。つまり、内面は外見にもにじみ出るものなのです。あなたの心(内面)を磨くことで、より一層見た目(外見)のモテも向上することになります。モテ女子を目指すなら、まずは中身も磨くことから始めましょう。

また、今回紹介したポイントを時々セルフチェックするようにしましょう。自分で定期的にチェックすることも効果的ですが、たまには異性の友人にアドバイスをもらうのもありですよ!「モテは一日にして成らず」です。どんどん自分磨きをしていきましょう!

関連記事

  1. 婚活がうまくいかずにへこむ人へ
  2. 疑問 進み続ける晩婚化。その原因って一体なに??
  3. clover 友達が結婚ラッシュ…結婚に憧れる女性がやっておくべき6つのこと
  4. パーソナルカラー 婚活女性必見!パーソナルカラーを身に着けると第一印象が3割増し!…
  5. 結婚 結婚できる人とできない人の特徴は?婚活のプロに聞いてみた!
  6. iloveyou もう失敗しない!結活がスムーズにいく女性の6つの特徴!
  7. 元彼を取り戻す方法とは? 元彼を取り戻す方法とは?よりを戻したい人必見!
  8. 不安 友人の出産ラッシュで不安を感じながらも婚活を成功させるには

おすすめ記事

婚活はアラサーから厳しくなるのか

婚活をしていて感じるのは、30代に入ってから急に出会いの場が減ってきたことです。20代のころ…

結婚相談所での婚活では同時進行が普通なの?

結婚相談所でお見合いしたり、仮交際している時に一人に絞っていませんか?私も最初はなんだか悪い…

銀行マン 銀行マンとの結婚てどうなの?婚活調査結果を大発表!

恋愛経験が少ない頃には、仕事や収入は関係なくてお互い…

婚活に恋愛感情は必要なの?

「婚活に恋愛感情って芽生えるのかな?」「好きじゃない人とどうやって結婚できるの?」婚…

アラサーの婚活には妥協が必要?

今、婚活市場では女性がやや不利な状況です。男女比率が「男性4:女性6」と、男性は足りておらず…

なぜ婚活はめんどくさいと感じるのか?5つ心理とは? 婚活がめんどくさい!そう感じる5つの心理とは?

「婚活がめんどくさい…」「結婚したい気持ちはあるんだけど、なんだか気が乗らない…」婚…

握手 商社マンとの結婚てどうなの?婚活調査結果を大発表!

商社マンの年収日本のサラリーマンの平均年収が400万…

婚活女子が成功するコツとは

絶対結婚したい婚活女子の皆さんは、どんな婚活をしていますか?婚活は量とも言われ、たくさんの人…

救急救命士 救急救命士との結婚てどうなの?婚活調査結果を大発表!

テレビドラマでもよく見かける救急救命士、女性の中には…




おすすめ記事

出会いがない 出会いがない社会人必見!運命のきっかけを全て見逃していたかも?!

自分磨き

  1. なぜ・・・
  2. happy

婚活コラム

  1. いい女
  2. 寂しい
  3. ハート
  4. 婚活を成功させるには

パートナー探し

  1. 婚活を成功させるには
  2. 婚活パーティー
  3. 結婚相談所

婚活体験談

  1. 絵本
  2. 乗り越える
  3. ネット婚活
PAGE TOP