結婚相手職業

裁判官との結婚てどうなの?婚活調査結果を大発表!

裁判所

新聞やテレビなどのメディアで裁判のニュースはよく報じられていますよね。法定中のイラストなどには裁判官が描かれていることもありますが、実際にその働いている姿を見たことがある方は少ないのではないでしょうか?

裁判官の仕事は想像以上に多忙です。仕事柄、実直な性格の人が多いのも特徴です。今回、そんな裁判官たちのリアルな働き方や結婚相手に求めることなどをご紹介します。

裁判官の年収

裁判官の給料については、「裁判官の報酬等に関する法律」に規定されています。また、実際の支給金額は、法律の中の2条別表に掲載されています。最も低い額は、簡易裁判所の17号と判事補の12号であり、月額22万7,000円です。

そのため年収は、300万円前後からのスタートになります。この額は検事の初任給と同じで、ここから毎年昇給していきます。弁護士など他の法曹業との均衡を考慮し、「初任給調整手当に関する規則」により一定額を上乗せすることで調整しています。残業代は就業時間の規定が無いためありません。(※事務方の人は別)

裁判の仕事は専門性が高く仕事の内容もハードですので、給料も高いイメージがあります。しかし初任給については、他の職種と大差はありません。

裁判官の具体的な月給

  • 判事補十二号 ⇒ 227,000円
  • 判事補十一号 ⇒ 234,300円
  • 判事補十号  ⇒ 244,800円
  • 判事補九号  ⇒ 253,800円
  • 判事補八号  ⇒ 277,600円
  • 判事補七号  ⇒ 288,200円
  • 判事補六号  ⇒ 306,400円
  • 判事補五号  ⇒ 322,200円
  • 判事補四号  ⇒ 345,100円
  • 判事補三号  ⇒ 368,900円
  • 判事補二号  ⇒ 392,500円
  • 判事補一号  ⇒ 426,900円
  • 判事八号   ⇒ 526,000円
  • 判事七号   ⇒ 585,000円
  • 判事六号   ⇒ 646,000円
  • 判事四号   ⇒ 834,000円
  • 判事三号   ⇒ 984,000円
  • 判事二号   ⇒ 1,055,000円
  • 判事一号   ⇒ 1,198,000円
  • その他高等裁判所長官 ⇒ 1,198,000円
  • 東京高裁裁判所長官  ⇒ 1,328,000円
  • 最高裁判所長官    ⇒ 2,050,000円

裁判官の働き方

裁判官は主として裁判所に勤務し、国家公務員のため全国に転勤があります。裁判所に入所した後は判事補からスタートし、10年後に判事に昇進します。裁判官になってすぐは、最初は大都市の地方裁判所に勤務し、その後は転勤を繰り返して実務を身につけていきます。

裁判所では、3~5年サイクルによる転勤が一般的です。検察官も転勤がありますが、判事も検察官と同じように転勤先は本人の希望を考慮してもらえます。

裁判官はとても忙しい

あまり知られていませんが、裁判官の業務はとても大変です。法定自体は週に3回程度ですが、法定が開かれている間は1日に何件もの法定をこなさなければなりません。忙しい裁判官では、1日に10件近くの法定をこなす場合もあります。

また、仕事は法廷の間だけではありません。たくさんの案件をこなすために、大量の書類を読み、証拠調べをする必要があります。なぜなら、裁判官は公正で公平でなければならないのです。裁判官の判決が被告・原告の人生を大きく変え、判例が今後の裁判に大きく影響します。そのため、判決は常に慎重でなければなりません。

裁判官の勤務は、月曜から金曜までの5日間です。しかし、より多くの法定をこなすため、より慎重な判決が必要な場合のため、自宅にたくさんの資料を持ち帰り仕事をする日も少なくありません。裁判官の妻になるためには、そんな夫を献身的に支える姿勢が何よりも大切です。

裁判官の男性が結婚相手に求めること

裁判官が求める女性像とは?どんな人と結婚したい?

裁判官と結婚する女性は、裁判の仕事に対してある程度の理解が必要です。裁判は責任がある仕事であり、自分の仕事に強い誇りと自信を持つ人ばかりです。裁判のために資料を集め、間違いが無いよう細心の注意を払いながら状況を判断します。自分が下す判決によって、人の人生を大きく左右する仕事ですから、肉体的にも精神的にも負担のある仕事なのです。

そのため、裁判官の本音としては、起きてから寝るまで常に裁判の準備や処理で忙しく、家庭のことを安心して任せられる女性を求めています。それほど、過酷でハードな仕事なのだと理解してあげてください。

また、裁判官は自分の妻にも目立たないで欲しいと考えています。一般的な会社では活動的なことを美徳とされていますが、裁判官の場合、中立性などを保つ必要があり目立つことを好みません。自身だけでなく、妻の行動も影響してくる可能性があるため、慎ましやかな女性を求めます。

裁判官の男性に伺ってみました

裁判官はどんな女性と結婚したいのか、現役の裁判官に貴重なお話を聞くことができました。彼らは法律家で本当に真面目です。

気さくさとユーモアもはありますが、社会に対して公正で公平にありたいと考えているようでした。

筆者
Sさん、今回は忙しいのにお話聞かせていただきありがとうございます。裁判官であるSさんは、どんな女性と結婚したいと考えていますか?
Sさん
いえいえ。インタビューされるなんて、今まで無かったし面白そうなんで大丈夫です。
私は家のことを守ってくれる女性がいいですね。できれば家事も手伝いたいと思ってはいますが、仕事の状況から考えるとかなり難しいと思います。今は一人で暮らしてますが、家事は後回しですね。本当はきっちり片付けていないとダメなタイプなんですが、本当に暇が無くてですね。ちょっとした時間を見つけてまとめてやってるって感じです。
だから、ここを理解して応援してくれる人だといいなって思ってます。
筆者
そうですよね。裁判官のお仕事ってあまり知られてませんけど、なんだか忙しいイメージだけはあります。
Sさん
勤務時間だけ見るとそうでもないのですが、プライベートな時間にやっている仕事まで含めると、ほとんど寝るまで仕事をやっている状態です。これで家事の負担があるとパンクしてしまうかも。
筆者
んー。大変そうだ。他にはどんな人だといいと感じていますか?
Sさん
あまり無いのですが、できれば綺麗だけど地味な女性。綺麗ってとこは私のわがままですけど(笑)
でも、地味というか「派手じゃない」ってところが重要かな。私の仕事はその土地で仲良くなり過ぎて問題が起きないように、数年周期で全国に転勤します。大切なのは公平さです。私が目立たなくても、奥さんが目立ち過ぎたり、あまりにも溶け込み過ぎてしまったら、公平さを欠いてしまいます。
そういった意味ではあまり目立たない女性がいいんです。でも綺麗な女性(笑)
筆者
綺麗な女性(笑)
やっぱり私達が知らない大変さがありそうですね。今日は本当にありがとうございました。

裁判官の男性に出会うには

判事は国家公務員法上、特別職の国家公務員とされています。専門職として特に法律にとても詳しい人というイメージがあり、しかし一般的な公務員と身分や給与形態は大幅に異なります。様々な飲み会などに参加する人もいますが、確実に出会うためには友人の紹介や結婚相談所がおすすめです。

特に裁判官は相手の身元にこだわります。そのため、不特定多数が参加する街コンや婚活パーティーなどの出会いの場を好まない傾向があります。そのため、身元がはっきり確認できる、友人の紹介や結婚相談所が彼らの婚活の主戦場です。

裁判官と友人の紹介で出会う

友人・知人に裁判官の知り合いや裁判所で勤めているような方がいらっしゃるのなら、その方にお願いするのが一番早い出会いの方法です。しかし、全国を転勤して回るなど特殊な立場にあるため、常にチャンスを狙いアンテナを張り巡らせておく必要があります。人数が限られるため、出会いのチャンスはかなり少ないと言えます。

裁判官と結婚相談所で出会う

結婚の適齢期を逃してしまった裁判官は、お見合いや結婚相談所で結婚相手を探すこともあります。彼らはもちろんエリートの立場にあるため、あっという間に相手が決まってしまうでしょう。見つけたらすぐにアプローチすることをおすすめします。

中には「裁判官の男性が本当に結婚相談所にいるの?」と疑問に持つ方もいらっしゃるかもしれません。しかし、私がパートナーエージェントという結婚相談所を利用して実際に、多種多様な職業の方が登録されているのを見ています。裁判官の方以外にも、医師、弁護士、経営者の方も登録されているのも確認しています。

もちろん、このような条件の良い男性と出会うためにはタイミングが大切ですが、何よりも彼らがいる場所で婚活することが大切です。

  • 理想の人と出会ってあの場所に一緒に行きたい
  • 結婚式の段取りで楽しいことで迷いたい
  • 同じソファでゆっくりと彼と楽しい話がしたい
  • 生まれてくる子どもの名前で迷いたい

こんな理想を早く叶えたいと思いませんか?ありきたりな言葉ではありますが、幸せは向こうからはやってはきません。思い立ったが吉日、まずはやれることから始めてみてはいかがでしょうか。

そのためにおすすめしたいのは、パートナーエージェントの無料資料請求です。突然何かのサービスに登録するのは敷居が高いですから、あなたにどのサービスが適しているかを検討するために、まずは調査することをおすすめしたいのです。

資料請求をしたからといって、無理な営業をかけられることはありません。安心して試してみてくださいね。



関連記事

  1. 薬 薬剤師との結婚てどうなの?婚活調査結果を大発表!
  2. 医者 医者との結婚てどうなの?婚活調査結果を大発表!
  3. 看護士 看護士との結婚てどうなの?婚活調査結果を大発表!
  4. イラストレーター イラストレーターとの結婚てどうなの?婚活調査結果を大発表!
  5. 大工 大工との結婚てどうなの?婚活調査結果を大発表!
  6. 大学教授 大学教授との結婚てどうなの?婚活調査結果を大発表!
  7. エンジニア エンジニアとの結婚てどうなの?婚活調査結果を大発表!
  8. パスポート 入国審査官との結婚てどうなの?婚活調査結果を大発表!

おすすめ記事

イラストレーター イラストレーターとの結婚てどうなの?婚活調査結果を大発表!

クリエイティブな仕事をしている人に魅力を感じる女性は…

happy 【婚活体験談】だんだん自分磨きが楽しくなって、そしてゴールイン♪

周りのプレッシャーから婚活をはじめた私高校時代に短期…

焦り 結婚ラッシュが続いて辛いし、焦る…そんなときこそ逆に「焦り」を味方につけるべし!

結婚には20代と30代の大きな波がある何事にも流行がありますが、結婚にも…

海上保安庁 海上保安官との結婚てどうなの?婚活調査結果を大発表!

「海の警察官」として知られている海上保安官に魅力を感じる女性は少なくありません。海上保安官は…

婚活の真剣交際の期間について 婚活(結婚相談所)の真剣交際とは?期間とタイミングとは?

「婚活」という言葉がメジャーになった昨今。恋愛至上主義を高らかに謳う時代ではなくなりました。…

婚活で挫折するパターンとは?

「なんかもう挫折しそう…」「もう面倒だから結婚はいいかな…」あなたは婚活が挫折しそう…

浮気 浮気・不倫しない男の特徴とは?男性が浮気・不倫する心理、原因を解説!

「男は浮気する生き物だから」とはよく言いいますが…。…

婚活は辛い?婚活女性の本音とは

「婚活って本当に辛い…」「みんなこんなに苦しんでるの?」婚活している女性に共通した本…

はじめての婚活パーティーで出会った彼が…/みんなの婚活体験談

婚活をひとりで頑張っていると、時には苦しくなってしま…

おすすめ記事

出会いがない 出会いがない社会人必見!運命のきっかけを全て見逃していたかも?!

自分磨き

  1. 結婚

婚活コラム

  1. 不仲
  2. いい女
  3. 別れたいと言われたけど復縁したい時には?
  4. つないだ手

パートナー探し

  1. 乾杯

婚活体験談

  1. パーティー
  2. 婚活で落ち込んだ私の体験談
  3. 婚活パーティー
PAGE TOP