結婚相手職業

大学教授との結婚てどうなの?婚活調査結果を大発表!

大学教授

「大学の教授と結婚したい」
「大学で働く教授とはどんなところで出会えるの?」

アカデミックな職業の、大学教授との結婚に憧れる女性は少なくありません。研究に没頭している男性はとてもかっこいいですよね。大学教授との結婚を目標にするのにも関わらず、彼らの仕事を良く理解していないままでは良くないと思いませんか?

大学教授と結婚するためには、彼らが実際にしている仕事の内容をしっかりと理解することが大切です。仕事内容を理解することで、自分が取るべき行動も分かってくるでしょう。

大学教授の月収と年収

大学は学生の授業料が大きな収入源になっています。そのため生徒が減少すれば大学の収益も少なくなり、大学教授の給与にも影響してきます。このようなこともあり、教授の給与はそれぞれの大学ごとによって大きく異なります。また国立大学や私立大学でも差があります。

国立大学と私立大学を比較した場合、私立大学の教授の方が給料は高い傾向にあります。そして私立大学の中でも、有名大学の給与は高いです。教授の年収は年齢によっても大きく異なり、例えば50代であれば900~1,400万円程度が相場と言われています。平均的な年収は1,087万円であり、平均月収は66万円です。

これにボーナスなどの手当が加算されます。また教授には副業が認められていますので、副業によって研究費を賄っている方も少なくありません。もっと細かく見てみましょう。以下に大学講師、大学准教授、大学教授までの収入をまとめます。

大学講師 大学准教授 大学教授
月収 約48万円 約53万円 約65万円
賞与 約160万円 約220万円 約300万円
年収 約740万円 約860万円 約1,080万円

このように見てみると、教授の卵である講師や准教授でも、世間一般の職業よりも比較的高収入であることが分かります。

ポイント

  • 国立大学の教員はみなし公務員と見られ、国の「公務員改革」によって収入が影響される
  • 私立大学の教員は「公務員改革」の影響を受けない
  • 年収が高くても出張費、研究費が自費の場合も

大学教授の働き方

大学教授の仕事内容・研究

大学教授は小学校や中学校などの教師と同じように授業を行いますが、授業だけが仕事ではありません。大学の教授は、教育や研究の中でも最高位の職業です。大学で行う授業はあくまでも仕事の一つであり、その他にも自分の専門分野の研究をしたり、大学の運営会議に出席したりと授業以外の仕事もこなしています。

このように、それぞれの教授によって実際の仕事内容は異なります。授業の担当時間を見てみると、小中高の教員と比べてとても短いように感じられます。ですが、大学教授は、決して楽な仕事ではありません。

大学教授の勤務時間はどれくらい?

大学教授の勤務時間は、統計では平均で7〜8時間とされています。基本的には裁量労働制であり、毎日出勤する義務はありません。ですが、実態はこの数字と全く異なる場合も多いようです。

先程もご紹介したとおり、彼らの仕事は大学での講師だけではありません。研究や論文の作成も必要で、勤務に含まれていない時間の仕事も含めると、実は激務であるということが多々あります。特に、研究や論文執筆が佳境に入って忙しい時期には、研究と論文のことで頭がいっぱい。デートや家庭のことは、そっちのけで仕事に没頭しなければなりません。

早朝から深夜まで研究室にこもったり、人によっては、研究室に寝袋を持ち込み寝泊まりする方もいるほど。大学教授と結婚するためには、興味関心の追求こそが彼らの仕事であることを理解し、支えていく決意が必要です。

大学教授はとても忙しい

大学教授は、理系と文系で忙しさの種類が異なりますが、どちらも多忙です。理系の大学教授は実験器具と施設が大学にしかないため、夏休みや冬休みも含めてほとんど毎日大学にいます。同様に、文系の大学教授は研究室に本や研究データを置いているため、ほとんど毎日研究室にいます。

大学にいない時間も、自宅で研究や書類調査を行い、他の大学での研究会にも参加しなければなりません。さらに、授業や大学の運営にも関わらなければならないため、空いている時間はほとんどありません。

かつては、「大学教授は暇」というイメージもありましたが、それも過去のこと。現在では、大学の内外に活動の場が広がり、一般的なイメージ以上に働いているのです。

大学教授は出張も多い

大学教授は一ヶ月に何日も出張があります。学会や研究会が非常に多いため、1ヶ月に3回以上出張することもあります。所属と研究内容によっては、年間で100日間以上出張する大学教授も。

また、支給される出張費も限られていることが多く、出張費を自費で支払ってでも出張に出かけなければならないこともあります。それだけ活躍の場が広いということです。

大学教授の男性が結婚相手に求めること

大学教授は知的で、専門分野において秀でた知識を持っている人が多いことから、奥さんも知的な方が求められます。また、多くのお客さんを自宅に招待したり、家族で招待されたりすることも少なくありません。そのような時に、自信を持って紹介できるような女性が好まれます。

大学で働く教授と結婚するために現在婚活を行っている方は、その点に注意しておくといいでしょう。

大学教授の妻が表に出るケース

勤務している大学や、研究の分野によっては外国人の方を、教授の妻としておもてなしする必要があることも。英語力に加えて、世界共通のマナーやエチケットが求められるケースもあります。

しかし、これは稀なパターンであり、大学教授の妻が表に出る機会はほとんどありません。ちょっとしたホームパーティーや、レクリエーションなどでは顔を出す機会は多少ありますが、「大きな舞台で付き添いが必要」といった、ドラマさながらなイベントはありません。

ただし、外国の方との交流は比較的多いため、多少の英語力は必要です。

大学教授を支える妻の役割

ご紹介させて頂いたように、大学教授は常に多忙です。民間企業であれば、昇進するほど仕事量が減る傾向にありますが、大学教授の場合は逆に忙しくなります。

大学教授自身が自嘲することがあるように、自分たちの世界に没頭し過ぎて、たくさんのことを犠牲にしています。学生時代からひたすら勉強と研究に打ち込むあまり、遊びを含めていろいろな物を犠牲に生きています。

大学教授の妻になるためには、そんな彼らをそっと支えてあげる寛容性が必要なのです。

大学教授の男性に出会うには

大学教授と出会うには「友人からの紹介」「大学教授と接点のある職場で働くこと」がおすすめです。

大学教授をしている男性は、研究に全ての時間や情熱を注いできた結果、恋愛結婚する余裕がなかったという方が少なくありません。特に理系の研究をしている大学教授は、研究員や学生も男性がほとんどで、女性との出会い自体が少ないのです。

ツテのある友人に依頼して紹介してもらう方法は、一番スタンダードな出会える方法です。また、研究所や大学で事務職などで働くことで接点を持つこともできます。

ですが、大学教授は同じ研究者の女性と結婚したり、学生時代の同級生と結婚したりするパターンが多いのが現状です。大学講師や大学准教授など、教授の卵の方と知り合う機会を早めに作ることが最も大切なコツです。

大学教授と出会うために結婚相談所を利用してみる

大学教授とつながりのある友人・知人もいないし、職場を変えることも難しい…そんな方は多いのではないでしょうか?そこでオススメしたいのが結婚相談所なんです。

実は、結婚相談所を利用して結婚する大学教授はとても多いんです。彼らは非常に頭がよく合理的で、かつ金銭的余裕があります。費用がかかっても短期で確実に出会える結婚相談所は、彼らの合理的思考にピッタリとはまるのです。

婚活サイトや婚活パーティーなどでは大学教授に巡り合う機会はなかなかありません。大学教授と出会うためには、彼らがいる場所で活動しなければならないのです。

 

数ある結婚相談所のなかでも、私がイチオシするのはパートナーエージェントです!

参考までに、パートナーエージェントにはどのような男性が登録しているかを見てみましょう。年収600万円以上の高所得者の割合が36%も占めています。つまり、男性会員100人のうち36人が高所得者なんです!

友人からの紹介や、合コンなどで出会いを探すよりもずっと高確率で出会えますし、実際パートナーエージェントでは女性会員の1年以内の交際率は90.5%と驚異的な結果をだしているんですよ!

実は私もパートナーエージェントを利用していますが、入会して2ヶ月で理想の彼と出会い、現在は交際しています。このまま彼からプロポーズされれば結婚するつもりです♪

理想のパートナーと巡り合うためには何より行動が必要です。もし何から始めたらいいのか分からないなら、まずはパートナーエージェント無料の資料請求してみるのがいいと思います。インターネットで調べられる情報よりも、より詳細な情報が分かる資料が届きますよ。

 

私も最初は無料の資料請求を使用しましたが、プライバシーを考慮した企業名無記名の封筒で届きました。開封しないと結婚相談所の資料だと分からないので、実家暮らしでも安心ですよね♪

中を見てみると・・・

白いパンフレットには、パートナーエージェントの理念、成婚までのプロセス、男女比率や平均年収等の会員データが詳しく載っています。

赤色のQ&Abookには、よく寄せられる質問とそれに対する回答が載っています。パートナーエージェントへの理解がより深まりました!

 

大切なのは情報収集です。どんな手段を使うのか自分にとってベストなのか、また結婚相談所を利用するのならどの結婚相談所がいいのか、きちんとリサーチしましょう。

結婚相談所はそれなりの費用はかかりますが、それに見合った良質な出会いを提供してくれる場所です。ちなみに、資料請求したからと言ってしつこい営業もありませんでした!私はどうしてももっと知りたくて、自分から問い合わせて最寄りの店舗に無料相談に行っちゃいましたが(笑)

もし少しでも気になったなら、公式サイトをチェックしてみてくださいね!

 

この記事を読んだあなたにオススメの記事

・ハイスぺ男子と出会ってゴールインできるコツ!

・将来大物になる人って?出世する男性の特徴とは?

 

安定した職業の男性と出会える結婚相談所
年収1,000万円越え多数!

1年以内の成婚率が高い!


rank1 パートナーエージェント

rank2 ツヴァイ

rank3 IBJパートナーズ


Marryme!編集部調べ
 

関連記事

  1. お坊さん 僧侶(お坊さん)との結婚てどうなの?婚活調査結果を大発表!
  2. 握手 商社マンとの結婚てどうなの?婚活調査結果を大発表!
  3. 薬 薬剤師との結婚てどうなの?婚活調査結果を大発表!
  4. 弁護士 弁護士・公認会計士との結婚てどうなの?婚活調査結果を大発表!
  5. リハビリルーム 作業療法士との結婚てどうなの?婚活調査結果を大発表!
  6. 海上保安庁 海上保安官との結婚てどうなの?婚活調査結果を大発表!
  7. 警察官 警察官との結婚てどうなの?婚活調査結果を大発表!
  8. ライター ライター・記者との結婚てどうなの?婚活調査結果を大発表!

おすすめ記事

婚活で出会った変な人達

婚活中にイケメンや高収入の男性に出会う確率ってとても低いですよね。しかし、反対に変な人に会う…

夫婦 要復習!彼氏の両親に挨拶に行ったときに気に入られる9つのコツ!

彼からご実家へのご招待…これは結婚間近!?と浮かれて…

料理 男性の結婚の決め手とは?料理上手な女はやっぱりモテる!?男性の本音を大調査!

「男心は胃袋で掴め!」というのは基本中の基本。男性に…

婚活を辞めたいと思ったらどうしたらいい?

「婚活は疲れる」婚活を経験されたことのある人なら、この気持ちがきっと分かるのではないでしょう…

浮気 浮気・不倫しない男の特徴とは?男性が浮気・不倫する心理、原因を解説!

「男は浮気する生き物だから」とはよく言いいますが…。…

趣味を共通点に婚活するとうまくいく?

こんにちは!婚活に四苦八苦しているアラサー女子です。最近は友人の紹介や、合コンに力を…

税務官 税務官との結婚てどうなの?婚活調査結果を大発表!

国民は税金を支払う義務がありますが、私たちが納める税金をチェックするのが国税専門官などの税務…

絶対に結婚できる方法とは?どうすればいい? 絶対結婚できる方法はあるの?婚活に本気なら基本に立ち返るべき理由

「なんで私だけ結婚できないんだろ…」「今度こそ結婚したい!絶対結婚できる方法ってないのか…

結婚相談所でハイスペック男子に出会えるか

「せっかく結婚相談所でお金を払うんだからハイスペック男子に出会いたい」そう考える女性も多いのではない…




おすすめ記事

出会いがない 出会いがない社会人必見!運命のきっかけを全て見逃していたかも?!

自分磨き

  1. 笑顔
  2. パーソナルカラー
  3. スマイル

婚活コラム

  1. 疲れた
  2. 考え事
  3. スマイル
  4. 婚活の真剣交際の期間について

パートナー探し

  1. 違いは?
  2. 結婚できる出会いのタイミングとは?

婚活体験談

  1. 時が解決
  2. モテ子
  3. 私の復縁成功までのエピソードとは?
  4. 結婚相談所
PAGE TOP